【日本革市】NIHON KAWAICHI

きめ細やかな感性と、確かな「なめし」の技術。

一般社団法人 日本タンナーズ協会 Tanner's Council of Japan
一般社団法人 日本タンナーズ協会 Tanner's Council of Japan
トップ > 革の基礎知識 > 6. 日本のタンナー集積地

6. 日本のタンナー集積地

日本のタンナー集積地

①兵庫県(姫路市・たつの市)

生産量、タンナーの数が日本で一番多い地区。
古くは大陸から製革技術が伝承された地と言われ、歴史のある生産地。

②和歌山県(和歌山市)

紀ノ川を中心とした水源、大阪湾に近いという運搬の条件の良さで、兵庫、関東と並び、日本の皮革三大産地と呼ばれている。

③東京都(墨田区)

関東平野を流れる大きな河川沿いに発展。特に荒川沿いでは豚革を扱う工場が集積しているのが特徴的。

硬水(ヨーロッパ) → 革にハリ感を与えます
軟水(日本) → 革にソフト感を与えます

タンナーが集まるところは
・ 豊富な水源があること
・ 土地が確保できること

参考文献:一般社団法人 日本皮革産業連合会
『革のプロが教える、レザーの基本講座』
  • このタグをご存知ですか?JAPAN LEATHER PRIDE タグについて
  • 国内の皮革産地
  • 革の基礎知識
  • 日本タンナーズ協会とは