【日本革市】NIHON KAWAICHI

きめ細やかな感性と、確かな「なめし」の技術。

一般社団法人 日本タンナーズ協会 Tanner's Council of Japan
一般社団法人 日本タンナーズ協会 Tanner's Council of Japan
トップ > 日本の皮革製品メーカー > ウォームスクラフツ・マニュファクチャー

世界トップレベルの馬革製品専門メーカー

兵庫ウォームスクラフツ・
マニュファクチャー

  • ウォームスクラフツ・マニュファクチャー
  • ウォームスクラフツ・マニュファクチャー
  • ウォームスクラフツ・マニュファクチャー
  • ウォームスクラフツ・マニュファクチャー
  • ウォームスクラフツ・マニュファクチャー
  • ウォームスクラフツ・マニュファクチャー
  • ウォームスクラフツ・マニュファクチャー
  • ウォームスクラフツ・マニュファクチャー
  • ウォームスクラフツ・マニュファクチャー
  • ウォームスクラフツ・マニュファクチャー

1 コードバンの特性を生かしたものづくり

ウォームスクラフツ・マニュファクチャーは、新喜皮革の新田芳希さんが代表を務めるレザーブランド。新喜皮革と同じ敷地内に本社と工房を構え、コードバンとホースハイドに特化したプロダクトを制作している。
同社の強みは、タンナーとの密なコミュニケーションがはかれること。かつては、入社してすぐの新人にタンナーで革づくりを学ばせていたこともある。工房や直営店で働き始める前にタンナーでの仕事を体験することで、馬革への理解を深め、革そのものを好きになってもらうのが狙いだった。いつでも革に触れられる環境は、職人を大きく成長させる。
製品をつくるうえでは、革の持ち味を引き出すことに注力。一枚ごとに個性が異なる馬革の質感を活かすデザインを心がけ、こまかなディティールにも気を配る。断面をそのまま生かした切れ目仕上げのアイテムも、コードバンの魅力を引き出している好例だ。

2 軽くてしなやか、そしてつややか

同社で扱っているアイテムは、カバンから革小物まで多岐にわたる。
「海外の展示会に行くと、革そのもののきめの細かさや、製品のディティールを丁寧に仕上げている点について褒められたりすることは多いですね」
新田さんに、海外のプロダクトと自社製品の違いを伺うとこのような答えが返ってきた。たしかに、細部にまでこだわった生真面目なものづくりをするのは、ウォームスクラフツ・マニュファクチャーの持ち味といえる。縫い目ひとつとっても、その美しさは目を見張るものがある。そして、デザイナー兼常務取締役の米田浩さんの洗練されたデザインセンスも、馬革の個性をみごとに引き立てている。
「馬革は軽くてしなやかなで、なおかつ強度も十分。使い続けていくと、エイジングによって得も言われぬ風合いになっていきます。その魅力を伝えていきたいと思っています」(新田さん)

3 全国展開の直営店で製品を手に取れる

美しさと強靭さを兼ね備えたプロダクトをつくり続ける同社。全国に届けるための努力も惜しまない。
大阪にはフラッグシップストアを含む5店の小売店を出店。このほか、東京、京都、福岡にも1店ずつ直営店を展開している。これらのショップでは、革についての深い知識を持つスタッフが接客してくれるので、信頼のおける買い物ができる。もちろん、遠方で足を運べない人のためのネットショップも運営している。
レザーアイテム愛好家の間ではすでに評価の高いウォームスクラフツ・マニュファクチャー。今後は、さらにその知名度を上げていくだろう。

●ウォームスクラフツ・マニュファクチャーホームページ→http://www.twcm-store.com/

この皮革製品メーカーが商品に使用しているタンナー

有限会社 新喜皮革 バナー 有限会社 新喜皮革(兵庫県姫路市)
  • このタグをご存知ですか?JAPAN LEATHER PRIDE タグについて
  • 国内の皮革産地
  • 日本タンナーズ協会とは
  • JAPAN LEATHER
  • 一般社団法人 日本タンナーズ協会 Tanners' of Japan
  • 革きゅん